HOME>イチオシ情報>用意をするべき会場はどんなところがよいのか
葬儀

日程の決定を行おう

法事は宗教や宗派によってもそのタイミングが異なってきます。いつ執り行うべきなのか、ということもチェックしておく必要があります。しかしあまり縁のないことであれば、どのタイミングになるのか分からない、ということになるでしょう。葬儀会社や寺院で教えてくれるのであまり不安を感じる必要はありません。逝去をして葬儀を執り行った後に法事に関することもアドバイスしてくれる葬儀会社があるので、分からないことがあった場合には相談をしてみるとよいでしょう。菩提寺を持っている場合には、菩提寺で日程の相談を行うことができるので、まずはいつ執り行うべきなのか、ということを相談するとよいです。大体の日程を設定しておくことによって、菩提寺でも都合を合わせてくれることがあります。また正式な日程が決定をしてから、参列をしてほしい親族に連絡をするとよいでしょう。

コストのチェック

法事を執り行う際にはまとまった費用が必要になります。地域によっても金額には差があるので、法事を執り行う地域の相場をチェックしておくとよいでしょう。また事前に準備をしなければいけないものもたくさんあります。供物や生花などに関しては当日準備をすると時間がかかってしまうので、事前に予約を行っておくべきでしょう。生花の場合には寺院に奉納をするものとお墓に供えるものがあります。どういうものを購入するべきなのか、葬儀会社に相談をするのもよいですし、生花店に法事用であることを伝え、予算も申告をしておくことによって、その予算の範囲内で作ってくれます。法要の後には食事をすることがあるので、食事の場を設ける必要があります。専門の店舗を予約しておくとよいでしょう。

広告募集中