HOME>特集>どこに相談をするべきなのか分からない場合

目次

タイミングを知る

葬儀

故人の供養をするために行うのが法事です。どのタイミングで行うべきなのか、よく分かっていないという人も多いでしょう。そんな時には葬儀を執り行った業者に相談をしてみるとよいでしょう。どのタイミングで行うべきなのか、一覧表を準備しているところもあるので、とても便利ですし、仏事に関する知識がないという場合には参考になります。仏教と神道、キリスト教では行うべき行事が全く異なってくるので、まずはどの宗教で執り行ったのかということも考慮しなければいけません。日本の場合には仏教式で執り行うことが多いので、葬儀会社も仏式を紹介することが多いです。

手配をすること

法事を執り行う際にはまず日時を決める必要があります。その後、誰に参列をしてもらうのかということも考える必要があります。参列をしてもらう人に日時のお知らせを行い、出欠席を取った後に会食の場所を確保します。返礼品に関しても準備をしなければいけません。また法要そのものを寺院で執り行うということが一般的ではありますが、専用の会館を利用することも可能なので、場所の選定も行う必要があります。今は菩提寺を持たない人が多いですが単発で法事を受けてくれる寺院も増加をしています。

広告募集中